夏が本番 ☆ ぬか漬


気温が25℃を越えてくるにつれ、ググッと旨味の増す、ぬか漬。
毎年5月のGWあたりからぬか床を仕込み始めて、ゆっくり発酵をうながしつつ、夏本番へ。母がよく「冬のぬか漬は不味いわね。だから休ませちゃうのよ」と言っていたけれど、確かに、寒い季節には漬け上がるまでに数日掛かるうえ、乳酸菌クンたちの活動が緩慢なのか、どうもぼんやりした味になってしまう。それが、キュウリや茄子の夏野菜たちがじゃんじゃん採れる頃になると、塩味と酸味、発酵の旨味がぎゅっと濃縮してきて、「あぁ、これこれ。この味」と思わずつぶやく美味に^^
やっぱり夏の食べ物なのだなー。冬にはぬか床を休ませておくに限る(それに、1年中ぬか床を腐らせないように気を張り続けるのも、疲れちゃいますものねぇ)冬には白菜漬、沢庵漬、べったら漬、お正月の膾に、春先には新生姜の甘酢漬etc...と、ぬか漬の代わりになる漬物はいくらでもあるのが、和食のよいところ。そもそも白菜漬も沢庵漬も、気温が高い季節にはあっという間に傷んでしまうから、冬以外に美味しく漬けることはできない。
ふむ、冷蔵庫を利用すればよい? せっかくキッチンの隅に放ったらかしでも自然においしく漬かるものを、わざわざ冷蔵庫で、場所を占領されながら管理するなんて、少々ナンセンスと思いませんか。
それまではわたしも、便利が一番の価値で、なんでも「買えば済むじゃん」という考えでした。それが、自分で日々漬物をつくるようになってから、発酵のフシギには驚くことの連続。旬のいっとき大量に採れる食材を、腐らせることなく、味に飽きないよう、しかも空気中に居る常在菌の力を上手に利用して、少ない労力で(ニンゲンが手を掛けるのは、ほんとうに少しだけ)いろいろな保存食に変換する。昔の人の智恵ってすごいなぁと、毎回ワクワクする。

それに、たいしたコストも手間も掛けない、こういうお漬物が身近にあると、献立に迷うことも少なくなります。だっていつでもキッチンにあるし、買ったモノとは比べ物にならないほど美味しいのだもの。(ぬか漬も白菜漬も、漬け樽から出した途端に味がどんどん落ちて行く。つまりスーパーマーケットにあるパック入りお漬物は、自家製漬物とはまったく別の食品なのでしょう)
あとは炊きたてゴハンと味噌汁、そのとき手に入る食材の主菜を1品。はい、でき上がり^^
「あぁ忙し、忙し」と言いながら、せっせと漬物を仕込む祖母や母の姿は、一見、家事に振り回されているように見えて、じつは効率よくおさんどんする智恵だったのねと、今はナットク。
現代生活は、あふれる情報の中から、なんでも自己責任で選択し、決定して、コントロールしなくちゃならないことが多くて疲れちゃうけれど、大地の循環をよく知り、恵みに感謝し、そのとき手に入るモノを素直にいただく...という風に、「食べるモノ」「食べる行為」を、自然に寄り添い、その仕組みへ自分の方を合わせていくように変えてみると、肩の荷が降りとってもラクチンなのでした。それに栄養もあって経済的ね^^

たべラボは、現在メンバー制で運営しています。
ワークショップへ参加ご希望の方は、こちらをご覧の上、emailにてお問い合わせください。
詳細をお送りいたします。

たべラボBasic 2 「フルーツトマトの冷製カッペリー二」開催!


たべラボBasic 2 ワークショップ開催しました。みなさま、ありがとう!
今回のテーマは「パスタソースのABC フルーツトマトの冷製カッペリー二」編。パスタソースは、みんなが毎回楽しみにしていてくれる人気のWSです。

じつは、今回のWSにはもうひとつのテーマがあります。それは「”火を使わない” 真夏のおもてなし料理」
夏休みシーズンを迎え、みなさんもホームパーティのプランいろいろでしょう。でも暑い日のお料理はとってもたいへん!ゲストと共にテーブルにつく頃には、こちらは汗だく&ヘロヘロ〜〜、これではせっかくのパーティも楽しめませんよね。というわけで、ほとんど火を使わずに、仕上げる献立を用意しました。火を使わないけれど、ちゃんと熱々の一品も支度して、冷製&温製料理をバランスよく。
暑い日にも、涼しい顔して余裕でおもてなし^^
どうぞ大切な人たちと一緒に、楽しんでくださいね〜♪


みんなの笑顔に元気をもらいました! またお会いしましょうね



[献立]
オリーブ 2種のマリネ ネッピオーロ ロゼワイン
小柴産マコガレイ カルパッチョ 庭のディルを添えて
やまと豚 リエット&フレッシュタイム仕立て
新じゃが&新たまねぎ ロースト
フルーツトマト&菜園バジルの冷製カッペリー二
マチェドニア
イタリアンロースト コーヒー

たべラボは、現在メンバー制で運営しています。
ワークショップへ参加ご希望の方は、こちらをご覧の上、emailにてお問い合わせください。
詳細をお送りいたします。

ブログランキングに参加しています。ポチッと応援ありがとう^^

にほんブログ村 料理ブログ オーガニック料理へ

おひつの楽しみ.


炊きたてをすぐさま飯櫃へ。 やっぱりおひつのご飯は美味しいなぁ^^
ずっと前から欲しかったのだけれど、少し残ったごはんには、やや立派過ぎる大きさに躊躇していた。ところが偶然、二合という愛らしい形のを見つけて、思わず飛びついちゃった。ボウルに移してラップをかけておくよりずっとよろしい。水滴がこもってベチャっとしないし、冷めてもお米の旨みがちゃんと感じられて。電子レンジにさよならして、ずいぶん経つ我が家には、これが必需品でした。
「おうちに電子レンジがないのですか!?」というリアクションには、もうすっかり慣れっこですが、わたしの場合は思い切って手放して正解。決心する前は、不便に感じたらどうしよう。家事の負担が増えるかも...と、心配が渦巻いていましたが、ぜんぜんそんなことなかった。
食材の性質を見極めて、それに合う調理法(茹でる、蒸す、焼く、煮る、揚げる...)を考え、きちんと食材に向き合い、その美味しさを引き出してしみじみ味わうのは楽しい。時間がたっぷりあるときは少し手の込んだものをつくって達成感もいっしょに、時間がないならそれなりにさっとシンプルに料理する。それは当たり前のことなのだけれど、少々便利過ぎる電化製品に、そのスキルも、それを磨く機会も預けたままにしていたことに気づいた。
なによりも、「チン、すればいいや」「チン、でもしといて」という魔法の言葉がクセもの。予め余分にご飯を炊いたり、多めにおかずをつくったりして、冷凍庫は一杯。献立の繰り回しペースに乗らなくて、フリーザーにしまいっぱなしの(いつでも食べられる、いざというときのため..)食べ物たちは、いつのまにか冷凍ヤケして、解凍する頃には、もうその美味しさは失われている。フリージングした食べ物をちゃんと使い切れなかったときの罪悪感ったら!
チン、して食べる。という選択肢のないライフスタイルは、食卓の献立を自分がマネージできるサイズへと変える。見渡せる範囲の食べ物をシンプルにいただくことって、こんなにも清々しいものだということを、そのとき初めてナットクしたのでした。

おひつのご飯は、いつもの地味な献立も豊かに演出してくれる。旬の空豆ごはんもピカピカ^^
空豆ごはんのレシピはこちら


というわけで、次には炊飯器にもバイバイ。土鍋、お鍋でご飯を炊けばそれでよし。タイマーもないし、保温もしてくれないけれど、圧倒的にごはんがおいしい。そしてお焦げの虜。「はじめチョロチョロ、中パッパ...」炊き上げに10分と少し、蒸らすのに10分の、30分以内に炊きたてご飯のできあがり♪



たべラボは、現在メンバー制で運営しています。
ワークショップへ参加ご希望の方は、こちらをご覧の上、emailにてお問い合わせください。
詳細をお送りいたします。

ブログランキングに参加しています。ポチッと応援ありがとう^^

にほんブログ村 料理ブログ オーガニック料理へ

スナップ、絹さや、グリンピース^^


GWいかがお過ごしですか? わたしは友人たちと久しぶりの再会を楽しんだり、恒例のKeith Jarrett ライブへ行ったり(今年も素晴らしかった!そして、あと1公演も楽しみ♪)yogaクラス開催して、畑仕事もと、盛りだくさんの休暇です。
菜園では、絹さや、スナップ、グリンピース...いまお豆さんたちが鈴なり^^ 毎朝、様子を見に庭へ降りて、ついでにその日に食べる分を収穫する。摘みながら、生のままかじったり(とれたては、トウモロコシみたいに甘くてサクサク!)さっと塩ゆでしてからオリーブオイルをかけて、そのみずみずしさを存分に味わう。

新じゃがを素揚げしてから炊いたのに添えたり。
☆新じゃが揚げ煮 レシピはこちら

空豆は、ポタージュに。
空豆のポタージュ レシピはこちら
青々としてふっくら水を含んだ、春から夏の豆にはパワーがみなぎっていて、身体を元気にしてくれる。自分で豆を育ててみるようになってから、あの『ジャックと豆の木』のお話って本当なのだぁと嬉しくなった。種を蒔いて、芽を出した苗たちは、春の日差しをキャッチした途端にスイッチオンして、ぐんぐん伸びる。傍に立てておいた支柱とネットへ、くるくるっと蔓をからませ、あっというまに背丈を越えるほどに。


ナーサリーでは、さやいんげんスタンバイ中。毎日表情が変わるくらいに成長が早い。朝目覚めの水遣りしつつ、つい話しかけちゃう「おいしく育ってね〜」

たべラボは、現在メンバー制で運営しています。
ワークショップへ参加ご希望の方は、こちらをご覧の上、emailにてお問い合わせください。
詳細をお送りいたします。

ブログランキングに参加しています。ポチッと応援ありがとう^^

にほんブログ村 料理ブログ オーガニック料理へ

奄美の美味しいモノ2


手に入れた食材を使って、旅の思い出ランチ。
奄美あおさはソテーした筍と合わせ、春の香りいっぱいアーリオ オリオ ペペロンチーノ スパゲッティに^^

皮をむき、ひと塩しておいた島ラッキョウは、どう使いましょうか。庭のワイルドルッコラが、ちょうど柔らかな葉を揃え始めた頃、ピリッとした香味をアクセントにTOFUサラダかな。

メインにもう一品。表面をカリカリにグリルした鶏には、島らっきょう&バルサミコ酢のソース。島らっきょうをエシャロットに見立てて。


奄美の伝統的なお料理をあれこれたくさんいただいて、いろいろ刺激を受けてきました。帰りの飛行機では、トランクに詰まっているお土産の食材を、どんなふうにアレンジしようかと考えてもうそれで頭がいっぱい!
葉山の食材と季節に感謝する日々もたいせつ。それとおなじくらい美味しいモノを巡る旅は、わたしにとって必要なイベントだなぁとしみじみ感じる。
旅先で出会う食べものや料理には、そこに暮らす人々の魂が込められていて、旅人はそれを分けてもらい、その土地そのものを体験する。旅から戻り、旅先で求めた食材を自分のキッチンで料理することは、見慣れているはずの家の畑や裏山の食材たちが持つチカラを再発見するための儀式。

たべラボは、現在メンバー制で運営しています。
ワークショップへ参加ご希望の方は、こちらをご覧の上、emailにてお問い合わせください。
詳細をお送りいたします。

ブログランキングに参加しています。ポチッと応援ありがとう^^

にほんブログ村 料理ブログ オーガニック料理へ

春の庭 草だんご


春爛漫。ちょっと空いた時間に裏庭で草むしりをしていたら、どこからともなく「草だんご、草だんご...」とささやく声がする。
山を背負っている裏庭は、斜面にほんのり日の射す半日陰。ここにはフキの葉の丸い連なり、その間にはヨモギの群生。ははーん、その声は我がお腹から聞こえて来たというわけね(笑)

では素直に従って、おやつにしましょう。
ヨモギはやわやわとした新芽の部分を摘み取る。途端に、あの青いような苦いような、独特の香りに包まれる。そういえば、ヨモギ茶に、ヨモギ蒸し、天麩羅にお団子...と、アロマテラピーという言葉がやって来る前から、ヨモギはわたしたちの暮らしに馴染んでいるハーブなのですよね。

さぁ、一服したら畑へ戻ろう。そろそろ夏野菜の種まき準備にとりかからなくちゃ。
昨秋に残しておいた自家採取の種は、オクラ、ゴーヤ、コリアンダーいんげん...。毎年続けている在来種のリレー。
苗を定植する菜園のスペースには、生ゴミ&裏山の落ち葉をミックスしてつくったコンポスト堆肥を混ぜ込む。すこし湿った森の香り、あぁこの土の匂いって大好き♪
キッチンから出る野菜クズに広葉樹の落ち葉を加えてコンポストで熟成させれば、バクテリアくんたちの威力で栄養バッチリ、サラサラ&フカフカの良い土ができる。肥料など使わなくても家族が食べる分の野菜はこれでじゅうぶん育ってくれます。菜園の野菜を収穫して→キッチンへ→野菜クズをコンポストへ→また畑へ...の循環家庭菜園^^
乾いた畑の土を掘り返す作業はなかなか重労働なれど、お団子のお陰でパワーもチャージ。よしガンバロー。

たべラボは、現在メンバー制で運営しています。
ワークショップへ参加ご希望の方は、こちらをご覧の上、emailにてお問い合わせください。
詳細をお送りいたします。

ブログランキングに参加しています。ポチッと応援ありがとう^^

にほんブログ村 料理ブログ オーガニック料理へ

ふきみそ2014


ポカポカ陽気に「これはきっと!」と、裏山にあるヒミツの蕗場へ。

しまった、この暖かさにもうずいぶん花が開いてる〜〜。寒さに縮こまっていては、美味しいモノは手に入らないのだねー。それでもなんとかウロウロと探しまわって数個ゲット。ふきみそにするにはこれでじゅうぶん。

さっと湯を通したなら、手早くいためて。苦味もおいしさのうち..とばかり。市販のは砂糖をたっぷり入れるようですが、フレッシュのを味わいたいから、わたしは三河みりんを少々。そして自家製の味噌。どれどれ、ちょっと味見...うーん、おいしい♡ これまさに手前味噌ですねぇ^^;)

暖かさは1日だけで、この週末はブルブル凍える寒さへ逆戻り。春の気温は忙しい。アツアツお粥さんへのっけて、いただきますー

たべラボは、現在メンバー制で運営しています。
ワークショップへ参加ご希望の方は、こちらをご覧の上、emailにてお問い合わせください。
詳細をお送りいたします。

ブログランキングに参加しています。ポチッと応援ありがとう^^

にほんブログ村 料理ブログ オーガニック料理へ